本日のお話は「Web application programming paradigm shift」ついての考察です。

時代の傍観者、宴会部長、マカ―の生き残り、生きた化石のいしたんがお届けする、ラジオラジオ番組「テックチューン」の時間です。 テックチューンは最近話題のテクノロジーや私の身の回りで起こったこと、興味があることなどをお話する番組です。 特に目標もなく無気力に続けていきたいと思いますので、お付き合いいただけますと幸いです。

 

はじめに

今回はウェブアプリケーションの開発手法について検討してみました。
ウェブアプリケーションというのはブラウザで閲覧できるアプリケーションのことになります。
今回はPCとiOS、Androidの3デバイスで使用できるフレームワークや開発手法について検討しました。

Webアプリケーションの開発スタイルを現状(Current)と将来(Future)に分けてみました。

プラットフォーム観点での現状と将来について検討してみました。単体サーバーだったものがサーバーレスなどのクラウド環境を前提としたアーキテクチャとなっています。

実際にフロントエンドフレームワークを使用して開発を進める場合に、どういった観点で選定を行えばよいかをまとめました。

Google Trends を使用して直近5年間のフレームワークの人気度をグラフ化してみました。

 

おわりに

それぞれのフレームワークを使用して実際にプログラムを開発してみたいと思います。また、バックエンド側も開発してそれぞれの使い勝手を考えてみます。

 

 

投稿者 Yoshiteru Ishida